SNSフォローボタン
東郷五十六をフォローする

中小企業の正社員は中身無しの悲惨な底辺と断言する!

社畜への批判

バイトより酷い待遇は正社員と言えるのか?

こんにちは、東郷五十六です

就職をするにあたり、やはり非正規より正社員であることを選ぶ人は多いでしょう

ですが、正社員になれるからというだけで中小企業に就職をすると、肩書だけで中身が全くない、下手したらバイト未満の悲惨な底辺環境だったということは珍しくはありません

私自身就職してきた正社員待遇の会社は全部中小だったので、正社員としてのうまみが全くなかったことを実感していますし、現代日本で就職することが前提なら最も悲惨な底辺だと感じましたね

比較的簡単に正社員になれるからというだけで中小企業に就職すると本当に悲惨な底辺に転げ落ちてしまいますし、肩書だけで飛びつくのは危険な考えだと断言します

今回は、正社員として中小企業に就職するのは止めるべきである理由を実体験から語ろうかと

肩書がメッキなので中身がない

正社員を目指すメリットとして

  • 無期限雇用
  • ボーナスや退職金等の待遇
  • 福利厚生、社会保障の充実

があるのではないでしょうか

中小企業の場合、こういったものはただのメッキ同然で、実際に働いてみるとバイト未満であることが多かったです

こういった手厚い待遇を実現するには資金が必要になるのですが、中小の場合利益率が低いことばっかりしかしていないかできないので、利益が少ないのです

特に10年単位で計ってみて、会社規模が大きくなっていない場合は完全にアウトです

なので無い袖は振れぬということでそういったことができないんです

経営者の都合で簡単に切られる

正社員であれば簡単に解雇されないと思っている方も多いでしょうが、無法地帯同然の中小企業ではそんなことは絶対にありえません

経営者の都合や機嫌次第で簡単に解雇されてしまいますし、それが正社員でも関係ありません

仮に解雇理由書を請求したとしても、まず認められるかどうかも不明瞭なことばっかりであろうことはよくあることでしょうし、不当解雇ということで裁判を起こしたところで開き直っている可能性も大いにありえますから…

私の場合は社長本人から辞めろと言われて退職届を出して辞めたことがあって、これでも会社都合には当たらないという経験がありますが、こういった行為も十分あり得るんじゃなかなと感じています

調子のいいことを言っておきつつもいざというときは平気で人を切り捨ててくるからこそこんな無茶ができるんだろうなと感じています

大企業であればリストラ時に退職金の割り増しが出ることがありますが、中小企業で辞めさせられるときは本当に何もありません

人件費で簡単に傾く

正社員の魅力の一つであるボーナスや退職金、福利厚生といった待遇面についてですが、これらを充実させるとなると中小企業の利益ではそれらを充実させる金を出すと簡単に傾きます

ボーナスが出ないことは覚悟した方がいいですし、仮に出たとしても子どものお年玉レベルの少額の可能性大であり、昇給に関しても年3,000円があればマシというレベルで、長期的な視点で言えば社会保障や税金の額の上昇が大きいので手取りがマイナスになるということも…

福利厚生や社会保障については、実際には存在していなかったということもザラですし、ひどい場合は雇用保険、厚生年金という人を雇う上で必要なものですらも未加入というとこもありえなくはないでしょう

ある程度の規模になるとごまかしがきかなくなるんですが、中小企業と労基はズブズブの関係であることもあり得ますし、明らかな処罰案件でもなぁなぁで見過ごされることもありえます

そういった待遇の悪さの改善について提案したところで

そういうことを言うのであれば辞めれば?

と言った感じで開き直っているので改善されることは間違いなくあり得ないでしょう

人がいないからなんでもやらされる

人員が少ない中小企業の場合、本来の契約にある業務以外の様々な業務を押し付けられることが多々あります

私の場合ですと、本来の業務たる制御盤の制御設計以外にも現場作業、工程管理、事務作業が含まれたこれらのことを「案件担当」という形で、しかも専門の人間レベルのことをすべてこなすことを要求されます

作業というものは分散させると効率が悪くなるのに、そうなると『甘え』とか『正社員として恥ずかしい』と文句が飛んできます

正社員という肩書だけで待遇面がスカスカであるのにスーパーマンを要求されるんですね

中小企業というのは、最大効率で利益を出すために一人一人に同じ作業をさせるべきところを、人件費をケチるために少人数で何でもやらせ、結果として能率が落ちて利益が出せないことになっているので金の使い方がヘタクソであると言えるんです

まぁ、こんなことやってるからこそ中小のままで時が止まっているんでしょうけどね

終わりに 企業規模が小さい会社の正社員に価値はないと断言する!

以上のことから中小企業で正社員を目指すべきではないという理由を語りました

中身のない中小企業の正社員の実態は、時給換算でバイトと同水準かそれ未満ということも珍しいことではなく、サビ残ありを考慮すると最低賃金を割ることもあり得ることでしょう

正社員がいいという気持ちは否定しませんが、何のために正社員を目指すのかということを一度立ち止まって考えることも重要だと考えます

正社員という肩書だけを追い求めるのではなく、正社員でいるメリットがそこにあるかという視点を持って求人を見るべきだと断言します

話す、気づく、変わる就職活動を【ウズキャリ既卒】

【第二新卒エージェントneo】

というわけで転職に使えるサービスを紹介しておきます

中小企業の正社員は中身のないものであり、基本的にブラック企業しか存在していません

なので正社員のメリットを受けるために真っ当な会社を探すことが必要になりますので、上記のサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました