SNSフォローボタン
東郷五十六をフォローする

底辺職はDQNの巣窟!被害を受けてからでは遅い!

社畜への批判

こいつらはある意味Gみたいな存在

こんにちは、東郷五十六です

先日、職場の人間関係についてこのようなツイートをしました

アンチブラックの重鎮、Atusi様から私のツイートに返答をいただいきました

これは間違いのないことだし、実際にDQNと関わるとロクな目にあいません

仮に自分たちの悪ふざけで人殺したところで反省することは絶対にありません
むしろほとぼり冷めたらそれを武勇伝のごとく誇らしげに語ってる異常者と断言します

付き合っても被害しかもたらされないゴミそのものですから、私自身はこの手の存在が大嫌いです

私自身仕事をしていてこうゆうのと遭遇しましたが、あれは人災の一種と考えていますし、根本的な対策としてはこういうゴミがいないところで仕事をするのが一番だと確信しましたしね

今回は、DQNという危険な存在とそいつらがいる職場の危険性について語ろうかと

DQNとは?

知らない人向けに簡単に説明すると、

知性・知能に問題のある人間モドキの害悪的存在です

2000年代に生まれた言葉で、知性や知能が一般人より劣る様を揶揄した表現が2chを中心に広まり、定着しました

こいつらに関わってしまえば自分もDQNとなって他人に迷惑をかける畜生に成り下がるか、肉体的・精神的にダメージを負って再起不能になるという、関わるとひどい目にあうことは確実

徹底して関係を絶つべき害獣と断言します

底辺職に生息するDQNの生態

実際に見てきたり、調べた底辺DQNの生態はこちら

口を開けば下ネタ、ギャンブル、酒・タバコの話ばかり

  • 残業終えて主任の車で送ってもらうときに、過去の社員旅行先で風俗行ってた体験談を話す
  • 電子タバコの営業マンが来社したとき、工場長、サービス部部長が率先して話を聞いてた 
  • 仕事中・休憩中に難波や日本橋の風俗ネタが飛び交う
  • 金沢出張の際に、私以外の3人は風俗行ってた
  • 元警官が警察辞めた際に、飛田新地(大阪の旧遊郭街、つまり風俗街のこと)で遊んだことを笑い話にしてた

こんな風に聞いてて嫌になるような話題ばかりだし、こっちが関わりを避けようとしても引きずり込もうとするので、本当に嫌な思いしかしない

これでコミュニケーションの一つと本気で考えてるから余計にタチが悪い

知性・知能に問題があるが故に、重大or死亡事故に当たる行動をしても度の過ぎた悪ふざけとしか感じていない

DQNは先に挙げた通り、下手をすれば命に関わる事故を起こしたとしても『悪ふざけで殺すつもりはなかった』で済まそうとします

過去に起こった事例としては、エアコンプレッサーを使用中に起きた死亡事件が起きています

エアコンプレッサーが凶器に… 肛門に空気注入された男性が死亡「死ぬと思わなかった」

加害者の言い分は『殺すつもりはなく、タダの悪ふざけ』と完全に狂ってるとしか言えないことをすまし顔でほざいてます

実際にDQNのこれらの行為は

・刑法205条傷害致死罪

にあたるれっきとした犯罪行為なんです

こうゆう行動を止めるどころか、コミュニケーションの一環と考えてるがゆえに面白がって囃し立てるバカどもの餌食にならないためにも、極力かかわらないでいるのが正解

ひどい場合は警察呼んだ上で弁護士立てて、やられた分をきっちり返すべき

そうゆう人間しか働けない環境である

工場勤務を始めとした底辺DQNがいる職場は、まともな人間が皆無と言ってもいいほどのレベルで、ある意味で治外法権と化してしまっています

劣悪な労働環境であることが多く、まともな感性と思考を持つ人間は早々に逃げてしまい、残るのはそういった環境でしか働けない人間しかいなくなるのは当然のことなんです

私が見てきた中でも、他では問題ばかり起こすような人間ばかりでした

そのうえ、そういう人間でも手を動かせばどうとでもなる仕事ばかりが多く、「辞めると困る」状況下のことが多いのです

劣悪な環境、低賃金でも逃げれずに働く人間

これらの要素が合わさることで、人が辞めないで維持できるブラック企業が生まれるのです

DQNは意外と要領がいい

実際に付き合ってみて、悪い方では要領がよかったと思っています

私自身、徹底的にやらないゼロかやり遂げるまでやるという100のどちらかが多く、DQNの方が柔軟に対応していました

私のように要領の悪い人間に仕事や責任を押し付けたり、擦り付けられるということはよくあること

実際に私も反撃を試みましたが、絶妙なとこでのらりくらりとかわしてくる

直接的被害は青天井で、精神攻撃は超一流といえますね

攻撃そのものは受けて被害は出ているけど、それを実証できないというところが厄介なところ

関わるだけで精神が疲弊して反撃する気力がなくなったら、DQNの思うつぼでますます被害が加速しますからね

終わりに DQNに殺される前に逃げるべき

はっきりいって関わるべきでないゴミがいる時点で逃げる準備はしておくべきと断言します

DQNのいる職場に勤めることはハイリスク・ノーリターンまたはマイナスリターンでしかありません

こんな連中に殺されるなんてもってのほかだし、仮に重度の障害を負って生きながらえて裁判を起こしたところで、支払能力がないために泣き寝入りをせざるを得ないという泣きっ面に蜂という事態になりかねません

映画『ジョン・ウィック チャプター2』にてイアン・マクシェーンが演じるホテル支配人のセリフに

とあるんですが、DQNは人間のルールを理解できない動物だと解釈すると今までの疑問が解決することでしょう

ジョン・ウィック:チャプター2 スペシャル・プライス版[DVD]

新品価格
¥1,527から
(2020/5/5 08:27時点)

DQNがいる職場にいるのであれば、手遅れになる前に一刻も早く逃げるべきだし、DQNがいない職場は労働環境がいいところが多いです

今、DQNがいる職場にいるというのであれば、

話す、気づく、変わる就職活動を【ウズキャリ既卒】

このような転職エージェントを利用して脱出すべきと断言します

重ねて言いますが、関わると悲惨な目にしか合わないDQNがいる環境は異常な職場ですので、手遅れになる前に逃げるべきと断言します